エーアールネットの仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「設計者の目」和歌山の住宅10(金属屋根)

素敵な屋根が葺けました。

今回は金属屋根のあれこれです。

屋根

続きはこちら
金属屋根といってもいろいろ。

この材質は耐候性の良いアメリカ生まれ「ガルバリウム鋼板」といいます。

金属1

つなぎの部分の「ひだ」について

金属2-2


この状態から更にえい!と折り曲げると、この状態になります。


金属2

もちろんこれは全て手作業です。大変大変。


一方、雨を受ける樋は、見上げた屋根をきれいに見せるために屋根と一体で加工します。

当然、万が一の雨漏り対策も考慮して折りかたに工夫があります。

樋


下から眺めるとこんな状態になっています。


樋2



一方、屋根のてっぺん部分には、屋根の下や壁に滞留する夏の熱気を上手く排気する為の工夫も。。。

その部分はこんな折りかたで、雨は入れずに熱気は排気します。

理論上は ばっちりですが、はたして上手く機能するかどうか。。。どきどきです



通気1


近くで見るとこの状態ですが、これに壁の金属板が重なって更に複雑な換気口が完成。

通気2


現在、屋根の見上げはこんな風です。


軒


完成が楽しみです。。。。




スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/23(火) 17:11:14|
  2. A邸
  3. | コメント:0
<<「設計者の目」和歌山の住宅11(屋根の防水) | ホーム | 「設計者の目」和歌山の住宅9(屋根の下)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。